ブログネタ
東京都など首都圏のクリニック案内 に参加中!
・気管支喘息とは、どんな病気ですか?
気管支喘息は、どんな病気かを絵や例えで、わかりやすく説明します。

発作前
呼吸をする時、空気は鼻や口から入り、のどから気管へ、それから枝分かれして気管へ、またいくつにも分かれて細気管支を通り、肺胞に届きます。この空気の通り道を「気道」と呼びます。

原因

この気道に、「何らかの刺激」「発作の原因」が加わることにより、気管支平滑筋が収縮し、空気の通り道が狭くなります。

状態

そして内側の粘膜が炎症を起こし、腫れあがり、さらに気道の中に痰がたまるため、空気の通りにくくなって、呼吸が苦しくなります。これが、ぜんそく発作の起き方です。

道路に例えると

・空気の通り道を、道路に例えると、道の広さ(通り道)が狭くなる状態です。
・上、①の絵は、気道が正常の状態で、道路も広さも広く、路面(道路の表面)の状態も良い状態です。すなわち、ぜんそく発作が起きていない状態、正常の状態です。
・下、②の絵は、気道の内側の粘膜の腫れを道路に例えると、路面(道の表面)が割れたり、穴が開いたりして、砂利道(じゃりみち)の様に荒れて、走りにくくなる状態で、また道路の広さも狭くなって、通りにくい状態で、気道が狭くなるので、息苦し症状に例えられます。

①正常な気道と道路に例えた図と正常な気道
車道一車線正気道1


②気管支喘息等で荒れた気道と道路に例えた図
車道2気道2

内側の粘膜の腫れの原因・状態
ほこりやペットの毛、フケを吸って、空気の通り道の表面が縮んだり、腫れたり、痰がいっぱい出たりして、空気の通り道が急に狭くなる状態です。

治療
気管支喘息の治療は、長期管理薬(コントローラー)と発作治療薬(リリーバー)があり、長期管理薬は、継続治療により炎症を抑える薬(吸入ステロイド薬・ロイコトリエン拮抗薬等)と気道を長期間拡げる薬(長時間作用β2刺激薬)があります。 発作治療薬は、狭くなった気道を速やかに拡げる緊急の薬で(短時間作用性β2刺激薬)があります。 道路の絵に例えると、道の広さ(通り道)が狭くなる状態(気道が狭くなる状態)を道の広さを広げる薬が長時間作用β2刺激薬、短時間作用性β2刺激薬)です。 路面(道の表面)が割れたり、穴が開いたりして、砂利道(じゃりみち)の様に荒れて、走りにくくなる状態(気道の内側の粘膜の腫れている状態)を整える薬、すなわち道路の表面の状態も良くする薬が気道の炎症を抑える薬(吸入ステロイド薬・ロイコトリエン拮抗薬)です。すなわち絵の①の状態に近かずける薬です。 来院した時には、詳しく説明します。

・血液検査で、卵、牛乳などが陽性となりましたが、すべて中止すべきですか?
血液検査で陽性となれば、アレルゲンの可能性があるかは、皮膚テスト、食物除去負荷テストで判定し決定しています。また、年齢により、食物の除去で、今後の種々のアレルギー症状を出現しない様に予防的に中止する場合もあります。個人により、様々ですので、受診して相談してください。

・薬は、いつまで服用するのですか?
喘息の薬の中止・減量について
年齢、喘息の重症度により薬の減量の仕方が異なりますが、内科の気管支喘息の治療のガイドラインによれば、3ヵ月以上無症状なら薬剤使用をステップダウンすなわち薬を減量します。小児科のガイドラインでは、数週から数ヶ月の無発作の経過の観察後に減量します。すなわち乳児は、ステップダウン・薬の減量が比較的短期間で可能です。ステップダウンの目安は、症状やピークフロー値、呼吸機能などを参考にして行います。減量する薬の順番は、ガイドラインに記載されていませんが、β₂刺激剤の単独の連用は勧められないので、最初に減量する事が多いです。後は、もっとも効果のある薬剤を残して、併用薬を整理して行きます。しかし、患者さんそれぞれの状態により、薬の減量の仕方、期間は異なります。以上より、当医院では、患者さんに一番良い状態に保てる様なオーダーメイドの治療を目指しています。